ビジネスフードアドバイザー「岩本 留里子」の公式ホームページ

接客力を付けて,売上アップ・人材定着しよう。面接の仕方

2018/06/08

最近よく聞く、店長・オーナーさんの悩みは人が足りない、採用しても、すぐ辞めちゃう、スタッフ同士の意見の違いが多いなど・・・
ついつい人材不足に悩やんでいる時は、面接でやってきた人を安易に雇いがちです。
猫の手も借りたいからとといってついつい「明日から来て!!」と安易に採用することが、店のチームワークを悪くする原因の一つです。「店長なんであの人採用したんですか!!やる気がないので私たちが大変です。」なんてことはよく聞く話ですよね。
今回は、ひと手間かけることで、お店の理念を理解した方を採用することができます。
 面接の仕方にポイントがあります。「週1でもいい、3時間でも4時間でもいい。店に人が居ればいい」という感じで選んでしまうと大変です。
店の運営をしながら時間を割いて面接をするのは一苦労なんですが、
話した方がいい内容は
①店の理念や自分のお店に対する思いについて
②システムについて、きっちりと時間をかけて説明することが重要です。
店で働く際のメリット・デメリット、身だしなみなどについて、あらかじめ具体的に話しておくことです。
その時点で、店側と採用される側のギャップが埋まります。
③面接シートをきちんと作っている
 面接表に勤務体系の可否や希望などを書き込んでもらいます。
 例えば、学生アルバイトなら「両親や学校の許可は得られるか」、週末に働いてもらいたい場合「希望のシフト、土日・祝は
 勤務可能か」などを記入させることで、採用後に勤務条件について言った言わないのトラブルを避けることができます。
 このような方法は応募者にあらかじめ勤務条件のデメリットを知らしめることになりますが、それが質のいい人材をふるい分け
 られる方法なのです。
④給料体制をきちんと説明 
 研修中はいくらで○時間経ったら○円になるなど仕組みを説明
 交通費・まかない・ユニフォームの代金が発生するのか?・採用されたら必要な物など
 *メモ帳を持ってきてと言ったら面接で聞いてませんと言われたりしますので小さいものも説明します。