ビジネスフードアドバイザー「岩本 留里子」の公式ホームページ

接客力を付けて,売上アップ・人材定着しよう 面接時での挨拶の仕方

2018/08/06

挨拶は、コミュニケーションの第一歩と言われています。 アルバイトさんとの面接の時にきちんと挨拶することが大切です。

店長さん、ゃんと挨拶できない人なんだ!!と思われると ここで働きたくないと感じてしまいます。

私が面接する時は まず、「本日面接を担当します店長の岩本です」と名乗るように勧めています。

なぜならこの人誰だろう?と疑問に思ってしまいますし、礼儀がなっていないですよね。

挨拶もしてくれない方と一緒に働きたいと思うでしょうか?

そして、 相手にも挨拶をお願いしています。

そこできちんと挨拶できない人は採用できないですからね。

お店では、お客様との挨拶が大切だからです。

面接時の最初の挨拶のポイントは

①アイコンタクト 目を見ます。気持ちを目に込めて

②笑顔で 相手の緊張を取り除きましょう

③元気よく

④きちんとした態度で  背もたれに寄り掛かったり、腕を組んだり、足を組んだりしない事  

  *意外にもやっている店長さんは多いんですよ

⑤時間を守る  遅れるときはきちんと伝えましょう。

 

*あいさつを辞書で引くと 名](スル)《「挨」は押す、「拶」は迫る意で、本来、禅家で門下の僧に押し問答して、その悟りの深浅を試すこと》

1 人に会ったときや別れるときなどに取り交わす礼にかなった動作や言葉。「―を交わす」「時候の―」

合の席や集会で、改まって祝意や謝意などを述べること。また、その言葉。「来賓が―する」

3 相手に対して敬意や謝意などを表すこと。また、その動作や言葉。「転勤の―」「なんの―もない」